2017年6月19日 未分類 0

squuezebox(LMS)を使うためにスマートフォンのアプリがあります。

android、iphoneともにあるのですがそれぞれ特徴があります。

andorid用

おすすめは有料ですが「squeeze ctl」が面白いです。
一番の特徴はsqueezeboxに登録してある音楽データをmp3に変換して
スマホ端末にダウンロードできます。
外で音楽を聴くときは家にあるsquuezeboxにLTEやフリー無線LANなどで
ネットワークでストリーミング再生で聞いていますがパケット量を使いすぎた
時などは端末にある音楽データを聞きますが端末に音楽データを入れるときに
楽です。
1アルバム大体10分程度で完了します。raspberry PI2での話なのでもっと早い
サーバーを使用している場合はもっと時間短縮になるでしょう。
朝の忙しい時間でも今日聞くアルバムを端末に移動するには十分でしょう。

https://play.google.com/stor/apps/details?id=com.angrygoat.android.squeezectrl&hl=ja

iphone用

有料ですが一択で ipeng9 でしょう。
classic版もありますがこちらがお勧めです。
特徴はこのアプリ単体でiphoneがプレイヤーになるんです。
Picoreplayerがなくてもiphoneがプレイヤーになるので音楽プレイヤーにして
イヤフォンでじっくり聞く、air aplayがあればお気に入りのスピーカーで
聞くこともできます。

https://itunes.apple.com/jp/app/ipeng-9-squeezebox-remote-contr/id767266886?mt=8

番外編

anndoridでもスマホをプレイヤーにするアプリがあります。

sbplayer squeezebox ctlと連動して使用できるようですが使ったことがないので
詳細は不明

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.angrygoat.android.sbplayer&hl=ja

squeezeplayer これはLTEなど外からもストリーミング再生ができます。

https://play.google.com/store/apps/details?id=de.bluegaspode.squeezeplayer&hl=ja