2017年5月1日 未分類 0

raspberry純正のLCDを購入する前に3.5インチのLCDを購入していたので
picoreplayerを使用してみました。
今はWebからjiveを使用するにするだけでいいのですが3.2インチの
ドライバーが入っていないのでちょっと細工をして動かし見ました。
持ち運びにはいいですね。
タッチパネルも使用できますが小さいの操作性はよくないです。
そこで登場するのが写真に写っているpowermateです。
入力インターフェースとして優れものだと思います。
発売されて10年ぐらいたつでしょうか?
今は値段もこなれてきておりお勧めなのですが意外と情報が少ないです。
その前にPICOREPLAYERの情報が少ないのが原因ですが。

picoreplayerをpowermateで操作するのは大変お勧めです。
家族にも好評です。

これらをまとめてどこかで発売してくれると少しはsqueezeboxも
メジャーになれるんですが。。。。。。。。。

小型LCDで表示raspberryとほぼ同じ大きさです。
picoreplayerにドライバーを組み込みところまで出来ているので
あとはトータルで動くようにすればいいのですが時間が。。。。。。ない
DSC_7857

お勧めのpowwermateと一緒に

DSC_7856

powemateを拡大 ブルーのライトがいいです。

DSC_7858