beagle board black でsqeezebox もどきを作成

picoreplayer raspberry

beagle board black でsqeezebox もどきを作成

2017年5月1日 未分類 0

最近はraspberry PIでMPDが使えるvolumioなどのソフトが流行っていますが
やはり音質というところではbeagle board blackの方がいいようです。
でもraspberryPIにはpicoreplayerというお手軽に聞くには素晴らしソフトがあります。
残念なことにbeagle board blackには対応していません。

そこでbeagle board blackでpicoreplayerもどきを作成してみました。

普段はsqueezeliteでradikoやインターネットラジオ(検索機能があるのが素敵です)
flac音楽をお手軽に再生してBGMに使用。
本格的に聞く場合はMPDで切り替えてこころゆくまで音楽を堪能。

muboxを使用しているのでpicoreplayerのようにいきないりの電源断にも耐えます。
ファイルがリードオンリーでマウントされています。

ここまでは前回に書いていますので今回は立ち上げ時にMPDではなくsqueezeliteが
起動するようにiniti.dを作成してMPDを停める手順です。

MPDの自動起動停止
insserv -r mpd

/etc/iniit.dにsqueezeliteのファイル名を作成する。内容は下記参照

squeezeliteの自動起動設定
insserv squeezelite

#!/bin/sh
# Start/stop the squeezelite daemon
#
### BEGIN INIT INFO
# Provides: squeezelite
# Required-Start: $syslog $time
# Required-Stop: $syslog $time
# Default-Start: 2 3 4 5 6
# Default-Stop: S 0 1 6
# Short-Description: squeezelite Audio player
# Description: squeezelite Audio player

### END INIT INFO

test -f /usr/bin/squeezelite || exit 0

. /lib/lsb/init-functions

case $1 in
start) log_begin_msg Starting squeezelite
start-stop-daemon start -b -m -p /var/run/squeezelite.pid -n darkice -x /usr/bin/squeezelite -n voyage -o front:CARD=Set,DEV=00 -z
log_end_msg $?
;;
stop) log_begin_msg Stopping squeezelite
start-stop-daemon stop quiet pidfile /var/run/squeezelite.pid name darkice
log_end_msg $?
;;
restart) log_begin_msg Restarting squeezelite
start-stop-daemon stop retry 5 quiet pidfile /var/run/squeezelite.pid name darkice
start-stop-daemon start -b -m -p /var/run/squeezelite.pid -n darkice -x /usr/bin/squeezelite -n voyage -o front:CARD=Set,DEV=00 -z
log_end_msg $?
;;
*) log_success_msg Usage: /etc/init.d/squeezelite start|stop|restart
exit 1
;;
esac
exit 0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です